☞ 初心者にオススメの便利ツール12選

SWELLで内部リンクを設置する方法!【初心者向けに解説】

当ページのリンクには広告が含まれています。
記事タイトルとイラスト画像
  • URLをコピーしました!

今回は、

SWELLで内部リンクを設置する方法を教えて欲しい!

そんな悩みを解決していきます。

自己紹介
この記事を読んでほしい人
  • 有料テーマ「SWELL」を使用
  • ブログ初心者で内部リンクの設置方法を知りたい

ブログを運営していると、「内部リンク」の設定は避けて通れない大事な作業です。

でも、

内部リンクって何?

どうやって設置するの?

といった疑問をお持ちの初心者の方も多いのではないでしょうか。

ご安心ください。

本記事では、

WordPressテーマ「SWELL」を用いた内部リンクの設置方法について、やさしく丁寧に解説していきます。

ブログに内部リンクを設置することで、ユーザーに快適なサイトの閲覧を提供し、さらにあなたのサイトのSEO対策にも良い影響を与えます。

それでは、初心者向けに最も簡単で効果的な内部リンクの設置方法を、SWELLの機能を最大限に活用しながら一緒に学んでいきましょう。

目次

内部リンクについて

内部リンクの設置方法にいく前に、内部リンクについて簡単に解説しておきます。

内部リンクは、

ユーザビリティの向上とSEO(検索エンジン最適化)においても重要な役割を果たしており、サイト制作には欠かせない要素の1つです。

サイトを訪れた人が、スムーズに情報を得られるようにするための基本的な構成要素の1つになります。

順番にみていきましょう。

内部リンクとは

内部リンクとは、同一のサイト内で異なる記事をつなぐリンクのことです。

記事同士を内部リンクで繋ぐことで、ユーザーが必要な情報にたどり着きやすくなり、ストレスなくサイト内で過ごせるようになります。

わかりやすく言えば、

トム

サイト内に「案内板」を設置するイメージですね。

ある記事で触れられたテーマに関連する別の記事へのリンクを挿入することで、ユーザーは追加情報を容易に探すことが可能になります。

サイトの管理者としては、ページの構成を考える上で、どのように内部リンクを設定するかがとても重要です。

内部リンクの重要性

内部リンクの設置は、ユーザーが迷うことなく求める情報に辿り着くためには必要不可欠です。

ユーザーが情報を求めて記事を訪れた際、内部リンクを通じて関連内容や深堀りした情報に簡単にアクセスできると、ユーザーの満足度が高まりますよね。

それにより、サイトへの滞在時間が長くなり、離脱率が低下するという効果が期待できます

加えて、

トム

記事同士の繋がりが深いとより効果的です。

ユーザーの求める情報を深掘りする方法は、下記の記事をご覧ください。

また、検索エンジンのクローラーがサイト内を巡回する際、内部リンクはページ間の関連性を明示することで検索結果のランキング向上につながる重要な役割を担っています。

なので、質の高い内部リンク構造は「SEO対策」にも有効です。

内部リンクの種類

内部リンクには幾つかの異なる種類があります。

例えば↓

  • ナビゲーションリンク
  • コンテンツリンク
  • サイドバーリンク
  • フッターリンク

それぞれのリンクはウェブサイト全体の使い勝手を高めるために、よく考えて配置しましょう。

本記事で設置する内部リンクに関しては、記事やページの本文中にある「コンテンツリンク」のことで、ユーザーが関連情報に簡単にアクセスできるようにするためのものです。

トム

よく見かけるこんな感じのリンクですね↓

ブログ初心者さんでも簡単に設置できるのでぜひ覚えていって下さい。

SWELLで内部リンクを設置する方法

それでは、

トム

実際に内部リンクを設置していきましょう。

できれば、別タブで自分のサイトを開いて一緒に作業することをおすすめします。

設置の手順

STEP
SWELLの記事作成画面でブロックを追加「➕」をクリック。
STEP
検索窓に「関連」と入力。
STEP
出現した「関連記事」をクリック
STEP
「リンク先を設定する」をクリック。
STEP
内部リンクで繋ぎたい記事の「キーワード」を入力。
STEP
記事を選択。
STEP
「新しいタブで開く」をレ点チェック
STEP
記事タイトルの上にある「投稿を表示」をクリック
STEP
記事内に内部リンクが設置されていたらOKです。

リンクを挿入した後、

トム

念のためにリンクが正しく機能するかを確認しましょう。

内部リンクはユーザーが情報を探しやすくするだけでなく、サイト内の滞在時間の延長やPV数の増加にも効果的です。

表示スタイルの切り替え

SWELLでは、内部リンクの表示スタイルが「3種類」あります。

デフォルト↓

スリム↓

テキスト↓

トム

表示スタイルの切り替え手順は↓

  1. 記事作成画面で内部リンクにカーソルを合わせる
  2. サイドバーの「ブロック」>「スタイル」で切り替え

内部リンク設置の注意点

内部リンクは、ユーザーが自然に情報を追いたくなるようなリンク設定を心がけましょう。

トム

適切な場所に設置することが大切です。

ユーザーが読んでいるコンテンツに関連した補足情報や、詳細なデータへ誘導するリンクは、読み手の知識欲を満たしつつ、サイト内での滞在時間の延長に良い影響を与えます。

ただ、

過度な内部リンクはユーザーに混乱を招くため、必要な情報へのアクセスが直感的に行えるような設計を意識すると良いでしょう。

総じて、内部リンクはサイト内の情報流通を促進し、ユーザーを惹きつけるのに役立つツールです。

質の高い情報への案内役を果たすことで、サイトの価値を高めることに繋がります。

まとめ

この記事では、WordPressテーマ「SWELL」を用いた内部リンクの設置方法について解説しました。

内部リンクとは、

同じドメイン内の異なるページ同士を繋ぐリンクであり、サイト内の利便性を高めるとともに、SEO対策にも効果的です。

特に、ユーザビリティや情報の関連性を示すため、サイト全体の価値を高めるのに役立ちます。

SWELLでは、内部リンクの設置が「シンプルな操作」で誰でも簡単にできるというのが大きな利点です。

また、内部リンクの使い方も大切です。

ユーザーが求めている情報へ効率良く案内できるように、記事を選んで関連するコンテンツへ導きましょう。

まだ作業されてない方は、実際に手を動かして試してみるとさらに理解が深まりますので、ぜひチャレンジしてみてください。

記事タイトルとイラスト画像

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次