☞ 初心者にオススメの便利ツール12選

【2024年】SWELLでX(旧Twitter)を埋め込む方法!

当ページのリンクには広告が含まれています。
記事タイトルとイラスト画像
  • URLをコピーしました!

今回は、

SWELLを使ってX(旧Twitter)を埋め込みたいけど、どうやるの?

そんな悩みを解決していきます。

自己紹介
この記事の内容
  • SWELLで「X」(旧Twitter)を埋め込む方法
  • 「X」(旧Twitter)を利用する際の著作権について

ブログを書いていると、SNSのコンテンツを活用したいときがありますよね。

そこで、WordPressテーマ「SWELL」を使って、あなたのブログで「X」(旧Twitter)の投稿を上手く埋め込む方法を紹介します。

「カスタムHTML」や「専用ブロック」を使う2つの方法をわかりやすく解説していきますので、SNSとブログの連携で、さらに魅力的なコンテンツ制作を目指しましょう。

また、SNSのコンテンツを利用する際には著作権の問題が気になる方もいるかもしれないので、適切な埋め込み方と著作権への配慮についても触れていきます。

「X」(旧Twitter)の埋め込みをマスターして、ブログの質をさらに高めていきましょう。

それでは、早速本題に参ります。

目次

SWELLで「X」(旧Twitter)を埋め込む2つの方法

ここでは、SWELLを使って「X」(旧Twitter)を埋め込む方法を2つ紹介していきます。

トム

初心者の方でも簡単にできるので安心してください。

カスタムHTMLを使う方法

トム

順番に解説していきます

STEP
利用したい投稿画面の右上にある「…」をクリック
STEP
「ポストを埋め込む」をクリック
STEP
画面右側の「Embedded Post」をクリック
STEP
画面右上の「Copy Code」をクリック
STEP
画面右側の「×」をクリック
STEP
Word Pressの記事作成画面で「+」をクリック
STEP
枠内に「html 」と入力 >「カスタムHTML」をクリック
STEP
「X」の画面でコピーしたコードを貼り付ける
STEP
「X」(旧Twitter)の埋め込み作業終了
STEP
念の為、「プレビュー」で確認

お疲れ様でした。

次は、

トム

埋め込みブロッックを使う方法を紹介していきますね。

埋め込みブロックを使う方法

こちらも難しくないので一緒に作業してみましょう。

STEP
埋め込みたい投稿画面右下にある「アップロード」のマークをクリック
STEP
「リンクをコピー」をクリック
STEP
WordPressの記事作成画面で「+」をクリック
STEP
「埋め込み」と入力後、「埋め込みブロック」をクリック
STEP
先程コピーしたリンクを貼り付けます
STEP
「埋め込み」をクリック
STEP
「X」(旧Twitter)の埋め込み作業終了

お疲れ様でした。

今後は、

トム

お好きな方を利用して下さい。

ブログに「X」(旧Twitter)を埋め込むときの著作権について

ブログに「X」(旧Twitter)の投稿を埋め込む際に気になるのが、著作権の問題ですよね。

そこで、

トム

下記に「X」の利用規約を一部抜粋して載せておきました。

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介して、自ら送信、ポスト、または表示するあらゆるコンテンツに対する権利を留保するものとします。ユーザーのコンテンツはユーザーのものです。すなわち、ユーザーのコンテンツ(他のコンテンツに組み込まれたユーザーの音声、写真および動画もユーザーのコンテンツの一部と考えられます)の所有権はユーザーにあります。

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、ポストまたは表示することによって、当社が、既知のものか今後開発されるものかを問わず、あらゆる媒体または配信方法を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンスを(サブライセンスを許諾する権利と共に)当社に対し無償で許諾することになります(明確化のために、これらの権利は、たとえば、キュレーション、変形、翻訳を含むものとします)。このライセンスによって、ユーザーは、当社や他のユーザーに対し、ご自身のポストを世界中で閲覧可能とすることを承認することになります。

引用元:Xサービス利用規約

簡単に言うと、

「X」が提供するサービスを利用してブログに埋め込むのは全く問題ありません。

ですが、

スクリーンショットの画像をブログに添付するのは、著作権侵害となる可能性があるのでやめておきましょう。

まとめ

この記事では、SWELLを使用して「X」(旧Twitter)のコンテンツをブログに埋め込む方法を2つ紹介しています。

カスタムHTMLを使うシンプルな方法から、埋め込みブロックを利用するテクニックまで、手軽に試すことができる選択肢を用意しました。

埋め込み作業を進める上での著作権の注意点にも触れてあるので、ブログ初心者でも安心して作業できます。

ブログのコンテンツとして、

トム

「X」(旧Twitter)の投稿は見栄えが良く、情報の伝達も効果的です。

手順を踏むことで、訪問者に有益な情報を分かりやすく伝えることが可能ですし、見た目のアクセントにもなります。

ぜひこの記事を参考に、「X」(旧Twitter)の投稿をブログに活かしてみてください。

簡単な方法から始めて、魅力的なブログを作り上げましょう。

また、ブログに特化した「AIライティングツール」に興味のある方は下記の記事をご覧になって下さい。

記事タイトルとイラスト画像

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次