☞ 初心者にオススメの便利ツール12選

「ブログの文字数が多すぎると…」初心者向けに詳しく解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。
記事タイトルとイラスト画像
  • URLをコピーしました!

今回は、

ブログの文字数って多すぎてもダメなの?

そんな疑問にお答えしていきます。

自己紹介
この記事を読んで欲しい人

ブログを運営していると直面する、「記事の文字数が多すぎる問題」。

SEOを意識するあまり、ダラダラと文字数だけ増えていってしまった記事はありませんか?

もしかしたら、そんな長い文章がユーザーを途中で離脱させてしまっている原因の1つのかもしれません。

この記事では、適切なブログの文字数について的確なアドバイスをお届けし、効果的なコンテンツ作成のポイントを具体的に解説します。

ぜひ最後までご覧になって下さい。

それでは、本題に参りましょう。

目次

ブログの文字数多すぎが引き起こす問題

ブログの記事が文字数多すぎると、ユーザーは途中で読むのをやめてしまう可能性が高くなります。

特にスマートフォンで閲覧する場合、長文はスクロールが多くなるため、負担が増えますよね。

また、検索エンジンのアルゴリズムにおいても、冗長な内容は評価を下げる原因になります。

見やすさと読みやすさのバランス

ブログ記事の文字数をコントロールする際には、見やすさと読みやすさのバランスが大切になってきます。

見やすさを考えると、段落ごとに適度なスペースを設け、見出しや箇条書きを使ってテキストを分割することが大切です。

そうすることで、

トム

ユーザーは一目で全体の構成を把握しやすくなるでしょう。

そして、読みやすさを確保するためには、文を短く、簡潔に保つことが求められます。

過度な情報は避け、要点を明確に伝えるようにしましょう。

SEOと読者満足度の両立

SEOの観点では、適切なキーワードを盛り込むことが重要ですが、それだけでなくユーザーの満足度にも注意を払う必要があります。

長すぎる記事は、SEO的には情報量が豊富に見えるかもしれませんが、ユーザーにとって不必要な情報が多く含まれていることで満足度を下げているのかもしれません。

ユーザーが知りたい情報に迅速にアクセスできるように、1つの記事に集中した内容を提供することが大切です。

無駄な情報を削ぎ落とし、重要なポイントを強調しましょう。

具体例で学ぶ適切な文字数

例えば、料理レシピの記事を考えてみましょう。

ユーザーが求めているのは簡潔で明確な手順です。

そのため、材料や手順の説明に必要な情報を盛り込みつつ、余計な話題には触れないことがポイントとなります。

一方、旅行記のブログでは、訪れた場所の詳細な説明やエピソードを交えても長すぎるとは感じられにくいでしょう。

しかし、どちらの場合も、ユーザーが興味を持ち続けられるような工夫が必要です

適切な文字数のためのテクニック

適切な文字数を維持するためのテクニックとして、まずは記事の構成案を先に作成することをおすすめします。

記事を書く前に、主要な見出しをリストアップし、それぞれに割り当てる文字数を決定しましょう。

また、記事を完成させた後には必ず見直しを行い、冗長な部分を削除することです。

トム

必要ないなと感じた部分は、思い切って消して下さいね。

校正の段階で、読みやすさと見やすさを確認し、必要に応じて再構成してください。

ブログの文字数多すぎに対する声

ユーザーからのフィードバックを受けることで、ブログの文字数が多すぎる問題に対処する具体的なヒントが得られるはずです。

コメントやSNSからのユーザーの意見を参考にすることで、どの部分が冗長だったのか、どこが分かりやすくて有益だったのかを分析しましょう。

これに基づいて、次の記事に反映させることで、ユーザーに満足してもらえる記事の作成が可能になります。

ユーザーの離脱を防ぐための工夫

どうしても長い文章になってします場合は、ユーザーを引きつける工夫が必要です。

例えば、記事冒頭に具体的で興味を引く導入文を作成し、各セクションにわかりやすい見出しをつけてみましょう。

これにより、ユーザーは自分にとって必要な情報がどこにあるかをすぐに見つけることができますよね。

視覚的な要素の活用

文章だけでなく、視覚的な要素を取り入れることで、ユーザーの関心を維持しやすくなります。

トム

適度な画像やイラスト、図解などを使用してみましょう。

長文の中にブレイクを入れることで、ユーザーが気軽に読み進められるように配慮します。

インタラクティブな要素

クイズやアンケート、コメント機能など、ユーザーが積極的に参加できるインタラクティブな要素を取り入れることも有効です。

これにより、ユーザーは単なる情報の受け手から、記事に参加する楽しさを感じ、より長い時間をかけて記事を読むようになります。

また、ユーザーの反応を次のコンテンツ制作に反映させることで、さらに良質な記事が作成できます。

簡潔なまとめと行動喚起

記事の最後には簡潔なまとめを書き、ユーザーに具体的な行動を促すことが重要です。

例えば、「この記事を読んで、次に何をすべきか」という具体的なアクションを示すことで、ユーザーは記事を読んだ後も次のステップに進みやすくなります。

また、この記事で得た情報をどのように活かすかについてのアドバイスも記載しておきましょう。

理想の文字数について

理想のブログ記事の文字数とは、ユーザーが無理なく読み終えられる範囲を指します。

一般的には、

トム

2000字程度だと言われています。

しかし、この範囲を超える場合でも、内容が充実しており、読みやすさに工夫があれば問題ありません。

ブログ初心者はまずこの範囲を目安にし、次第に自分のスタイルに合った文字数を見つけることが大切です。

ターゲットとなるユーザーの理解

ブログのターゲットとなるユーザーがどのような情報を求めているのかを理解することが、適切な文字数を設定する鍵です。

ユーザーが短時間で必要な情報を得たい場合、短めの記事が好まれますよね。

一方で、ユーザーが詳細な情報を求めている場合は、ある程度の長文が必要です。

定期的に、どのタイプの記事が支持されているかを確認し、内容と文字数を調整していきましょう。

コンテンツの再構成

長い記事を書くこと自体は問題ではありませんが、情報の整理が重要です。

大きなテーマをいくつかのセクションに分け、それぞれのセクションに対して具体的で簡潔な説明を行うことで、記事全体が読みやすくなります。

また、重要なポイントを冒頭に持ってくる「逆ピラミッド構造」を採用することで、ユーザーは最初に主要な情報を得ることができ、続きも読みたくなるでしょう。

記事のリライトと校正

1度書き上げた記事をリライトし、校正することは重要です。

初稿では自分の伝えたいことを自由に書き、その後で冗長な部分を削り、文を簡潔にしましょう。

このプロセスを繰り返すことで、実際の文字数を効果的にコントロールし、読みやすい記事を作成することができます。

また、他人の目で見てもらうことで、

トム

自分では気づかない点を修正することが可能です。

まとめ:「ブログの文字数が多すぎると…」

ブログ初心者にとって、適切な文字数でユーザーを引き込む記事を作成することは難しいかもしれません。

しかし、

この記事で紹介したように、適切なバランスを保ち、無駄な情報を省くことで、読みやすく効果的なコンテンツを作ることができます。

文字数を制御しながらも、

トム

ユーザーにとって価値のある情報を提供することが最終的な目標です。

まずはアウトラインの作成や視覚的要素の活用など、具体的なテクニックを試してみてください。

ユーザーの声を反映させながら、理想的な記事を作成していくことで、ブログの成功へと近づくことができるでしょう。

以上、最後までお付き合いありがとうございました。

記事タイトルとイラスト画像

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次