☞ 初心者にオススメの便利ツール12選

【SEOはもう古い?】今後、重要となるSXOについても解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。
記事タイトルとイラスト画像
  • URLをコピーしました!

今回は、

SEOはもう古いのかなぁ…。

SEOでの集客は時代遅れなの?

そんな悩みにお答えしていきます。

自己紹介
この記事を読んでほしい人
  • SEOで集客したい人
  • 正しいSEOについて知りたい人
  • ブログ初心者さん

本当に「SEOは古い」のでしょうか?

私も2021年からブログを開設しているので、いわゆる後発組の1人です。

正直、「SEOでの集客はもう無理だ」「SEOはもう古い」といった言葉は、当時から言われてました。

そして、きっとこれからも言われ続けるでしょう(笑)

理由は簡単。

SEOに関する情報や手法が日々進化しているからです。

特に最近では、Googleのアルゴリズム更新が頻繁に行われ、従来のSEOに対する考え方や手法を見直すことが求められています。

なので、SEOの基本を学び、最新の情報を取り入れて、常に自分自身をアップデートしていかなくてはいけません。

そんな中、

ブログの世界で今後必要不可欠な要素として注目されているのが、「SXO」(Search eXperience Optimizationです。

SEOとどのように異なり、どのように組み合わせて対策を進めるべきか。

本記事では、SEOが古い言われる理由とその背景、正しいSEOを学ぶ方法、そして時代の変化に対応するSXOについて詳しく解説。

SEOという概念に不安を感じているあなたに、もっと効果的なブログ運営のノウハウをお伝えします。

ぜひ最後までお付き合いください。

それでは、本題に参りましょう。

目次

SEOとは

SEO(検索エンジン最適化)とは

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、ブログサイトやWebページが検索結果の上位に表示されるように工夫するマーケティング手法です。

「キーワード選定」、「コンテンツの質の向上」、「サイト構造の改善」などがSEOの主な施策となります。

ネット全盛の現代では、SEOはWebサイトへのアクセスを増やし、ビジネスで成果を上げる上で避けては通れない重要な戦略です。

時代によって検索エンジンのアルゴリズムは更新され続けるため、SEO対策も常に進化し続けています。

だからこそ、「SEOは時代遅れ」と言われるかもしれませんが、実はその重要性は増す一方であり、最新のトレンドや技術を学び続けることが重要です。

SEOが古いと言われる理由

では、なぜSEOは古いと言われるのでしょうか?

SEOが古いと言われる理由は、主に3つあります。

SEOが古いと言われる理由
  • 古い情報がネット上に残っているから
  • Googleのアップデートが頻繁になったから
  • SNSで検索する人が増えたから
トム

順番にみていきましょう。

古い情報がネット上に残っているから

本記事の冒頭で、「SEOに関する情報や手法が日々進化している」とお伝えしました。

そのため、インターネット上には古いSEOの情報が数多く残っています。

例えば、

過去にはキーワードの過剰な使用や低品質なリンク構築が有効であったかもしれませんが、現在ではこれらの手法はペナルティの対象です。

Googleなどの検索エンジンは、ユーザーに有益なコンテンツを提供することを最優先に考えています。

そのため、たとえ技術的に完璧なSEO対策が施されていても、ユーザーにとって価値の低い情報は評価されません。

SEO対策を行う上で重要なのは、常に最新の情報を追い、実際にユーザーにとって有益なコンテンツ作りを心がける必要があります。

Googleのアップデートが頻繁になった

Googleはその検索品質を向上させるために、アルゴリズムのアップデートを頻繁に行っています。

これは、時代に合わせてユーザーの検索行動が変化することに対応するためであり、SEOの方法論にも大きな影響を与えています。

例えば、モバイルファーストインデックスやページの読み込み速度、使いやすさなど、これまで重視されなかった要素が検索ランキングに影響を与えるようになりました。

このようにGoogleのアルゴリズムは常に更新されており、古いSEO対策だけに頼っていると、いずれは時代遅れになってしまう可能性があります。

そして、検索上位に表示されてアクセスを集めていた記事が圏外に飛ばされ、収益が激減すると「ブログなんてもう古い」と言い残して多くの個人ブロガーさんが去っていきました。

SEO戦略を立てる際には、最新のアップデート情報を常にチェックし、その変化に迅速に対応する必要があります。

トム

自分自身をアップデートしていく感覚ですね。

SNSで検索する人が増えた

最近では、情報収集の方法も変わってきました。

特に若い世代を中心に、Googleなどの検索エンジンを使わずに、TwitterやInstagramといったSNSで情報を検索する人が増えています。

このように、

SNSを検索ツールとして使用するユーザーが増加している背景には、リアルタイムでの情報収集や、個人の意見や体験が共有されるコンテンツに対する信頼があるとされているからでしょう。

このSNSを通じた情報収集の増加が、SEOの重要性を相対的に下げる一因となっているのは事実です。

今後のブログ運営においても、SNSの活用が重要になってくるのは間違いありません。

SNSを通じてユーザーと直接コミュニケーションを取り、信頼を築くことが、現代における新たなSEO対策の1つとして考えておく必要があります

正しいSEOについて学ぶ

現代のWebマーケティングにおいて、SEO(検索エンジン最適化)は欠かせません。

正しいSEOの知識を身につけ、ブログやWebサイトを検索結果の上位に表示させるための方法を学ぶことは、とても重要です。

今回は、以下の3つを紹介していきます。

正しいSEOを学ぶ方法
  • 書籍で学ぶ
  • スクールで学ぶ
  • SEO検定を受けてみる

ただし、

トム

SEOに正解はありません。

それぞれの特徴を理解し、自分に合った学習方法を見つけましょう。

本で学ぶ

SEOに関する本は、基礎知識から応用テクニックまで幅広い情報を手軽に学べます。

書籍を通して学ぶ最大のメリットは、情報の「信頼性」です。

ネット上に溢れている情報と違い、

信頼性や権威性の担保された方が執筆されていることが多いので、その点は安心して学習できます。

その反面、SEOは日々進化しており、出版された時点での情報が古くなっている可能性は否定できません。

なので、定期的に新しい本で学習する習慣を身につけておきましょう。

ブログ初心者におすすめの本を2つ紹介しておきますね。

スクールで学ぶ

SEOを短期間で集中的に学びたい方には、専門スクールで学習するのが1番です。

プロの講師から、実践的なカリキュラムを通してSEOの基本から応用までを学ぶことができ、疑問点をその場で解消できる利点があります。

また、同じ目的を持った仲間と知識を共有したり、ネットワークを築いたりする機会もあるでしょう。

スクールには個々のニーズに合わせた多種多様なコースが用意されていることが多く、自分に合ったプログラムを選択することが可能です。

最近は、

トム

「オンライン」や「動画講義」でのスクールが人気ですね。

しかし、価格帯はどのスクールも10万円以上のコースがほとんどで、費用面の負担が大きくなる点には注意しましょう。

おすすめのオンラインスクールは↓

【withマーケ】公式サイトを確認

SEO検定を受けてみる

SEO検定は、

SEOに関する知識や技術を正しく理解しているかを評価する試験です。

SEOの基礎・基本の4級〜SEO上級者向けの1級まで用意されているので、自分のSEOに関するスキルレベルを客観的に知ることができます。

SEOに関する知識を証明し、さらに深める手段の1つとして、ぜひ利用してみましょう。

合格することで、SEOの知識が認定され、自信につながるだけでなく、全日本SEO協会の公式サイトから被リンクがもらえるのも魅力の1つです。

ブログ運営者は、

トム

被リンク目的でも受験する価値はあります!

公式サイトは↓

自分のペースで学べるWEB資格!【SEO検定】

古いSEO対策から脱却!新たなSXOへ

SXOとは

SXO」(Search eXperience Optimization)とは、「検索体験最適化」のことを指します。

単にWebサイトやコンテンツを検索エンジンの上位に表示させることだけを目指す「SEO」(Search Engine Optimization)から1歩進んだ概念です。

これはユーザーが検索から訪れたWebサイトで良い体験を得られるように、Webサイトの使いやすさやコンテンツの質などにも焦点を当てることを意味します。

Googleが公表している、

トム

ユーザーファーストの考え方に近いですね。

時代が進むにつれて、検索エンジンもユーザーの満足度を高めるサイトを高く評価するようになってきたため、SXOへの注目は高まっています。

ブログを運営する上でSEOが時代遅れになっていると感じている人たちにとっても、このSXOの考え方は新たな指針となるはずです。

SEOとSXOの違い

SEOとSXOの違いを簡単に表すと⇩

SEOがGoogle等の「検索エンジン」を意識した技術であるのに対し、SXOは「検索ユーザー」の満足度を重視しています。

SEOとSXOは共にWebサイトのアクセス数を増やすという共通の目的を持っていますが、アプローチの方向性が異なります。

SEOはキーワード選定やメタタグの最適化など、検索結果での上位表示を目的とした技術的な面に重点を置くことがほとんどでしょう。

これに対してSXOは、ユーザーがサイトに滞在しやすく、情報を得やすい設計やコンテンツのクオリティに焦点を当てる施策になります。

SEO対策としてのSXO

SEOは「時代遅れだ」「古い」と感じている人たちにとって、SXOは新たな概念と言えるかもしれません。

検索ユーザーの満足度を高めることは、サイトへのアクセスを増やし、結果としてSEO効果を高めることにもつながります。

要するに「SEO」と「SXO」の関係は

トム

車の両輪と一緒ですね。

SEO対策としてのSXOを理解し、取り入れていくことはこれからのブログ運営において非常に重要なってくるでしょう。

まとめ:古いSEO対策からの脱却!

ここ数年、「SEOはもう古い」という声はよく聞こえてきます。

確かに、Googleの頻繁なアップデートやSNSを利用した検索の増加は、SEO戦略に新たな動きをもたらしているのも事実です。

今後は、その時々の検索環境に合わせた正しいSEOの知識と技術を学ぶことがより重要になってくるでしょう。

トム

学習方法は自分のスタイルに合うものを選択するのが大切

一方で、SXOへの理解も不可欠です。

「SEO」と「SXO」は、その目的が異なり、SEOが検索結果の上位表示を目指すのに対し、SXOはユーザーの検索体験向上を目的とします。

最終的には、

古いSEO対策に固執することなく、変化し続ける検索エンジンの動向に合わせ、ユーザー中心のアプローチを取り入れることが重要です。

これにより、検索エンジンからの評価はもちろん、ユーザーにとっても価値のあるコンテンツを提供することができるようになります。

最新のSEOの技術を学ぶなら⇩

自宅でしっかり学べるWEBの資格【SEO検定】

以上、最後までお付き合いありがとうございました。

記事タイトルとイラスト画像

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次