☞ 初心者にオススメの便利ツール12選

【キーワード選定】が難しいのはなぜ?初心者向けに1から解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。
記事タイトルとイラスト画像
  • URLをコピーしました!

今回は、

キーワード選定って難しくない?
どうやって探すの?

そんな疑問にお答えしていきます。

自己紹介
この記事を読んで欲しい人
  • ブログ初心者さん
  • 実際にキーワード選定で苦戦してる人
  • キーワード選定について知りたい人

キーワード選定」は、ブログ初心者にとって大きな壁となることが多いですよね。

正直、

どのキーワードを選ぶべきか、どのようにして検索エンジンで上位表示を目指すのか、これらの疑問に答えることは簡単ではありません。

しかし、適切な方法とツールを使えば、この壁を乗り越えることが可能です。

この記事では、ブログ初心者向けに、効果的なキーワード選定の方法とその実践方法について詳しく解説していきます。

それでは、早速本題に参りましょう。

目次

キーワード選定が難しい理由と解決策

キーワード選定が難しい理由は多々ありますが、大きな要因の1つは競合の多さです。

しかし、適切なツールとリサーチ方法を用意すれば、効率的にキーワードを選定することができます。

競合分析: 他のブログと差別化

競合分析は、キーワード選定を成功させるための重要なステップです。

競合他社がどのキーワードを使用しているか、どのようなコンテンツを提供しているかを調査することで、自分の記事がどのようにして差別化できるかを見つけることができます。

競合分析ツールは多数存在しますが、「Semrush」や「Ahrefs」などが特に有用です。

これらのツールを使えば、競合他社の強みや弱みを把握し、自分のブログが強みを発揮できる領域を特定できます。

具体的には、まず主要な競合ブログを3つほど選び、それらのブログがどのキーワードで上位表示されているかを分析します。

そのうえで、自分の強みやオリジナリティを活かせるテーマを見つけ、そのテーマに関連するキーワードをリストアップします。

これが競合分析の基本的な流れです。

ユーザー意図を理解し、適切なキーワードを選ぶ

ユーザー意図を理解することは、彼らのニーズに応えるコンテンツを作成するために不可欠です。

具体的には、ユーザーがどのような情報を求めているのかをリサーチし、それに応じたキーワードを選びます。

Googleトレンドやサジェストツールを使って、ユーザーが実際に検索しているキーワードを見つけるのが有効です。

例えば、「キーワード選定 難しい」というキーワードであれば、この検索を行うユーザーはおそらく「効率的なキーワード選定方法」を求めていると推測できますよね。

そこで、彼らの意図を満たすために具体的なステップやツールを紹介するコンテンツを作成します。

ユーザー意図を深く理解することで、より具体的で有益なキーワードを選ぶことができるのです。

ロングテールキーワードの重要性

ロングテールキーワードは、検索ボリュームが低いものの、ユーザーの意図が明確で競合も少ないため、非常に効果的です。

具体的には、ロングテールキーワードを利用することで、ニッチな需要に応えるコンテンツを作成しやすくなり、SEO効果を高めることができます。

これらのキーワードは検索ボリュームが低いかもしれませんが、ターゲットユーザーが具体的なニーズを持っているため、コンバージョン率が高くなる可能性もあるでしょう。

ロングテールキーワードを見つけるためには、GoogleキーワードプランナーやUbersuggest、ラッコキーワードなどのツールを使うと便利です。

ちなみに、

トム

初心者のうちは無料版で問題ありません。

これを上手く活用することで、より具体的でニッチなキーワードをリストアップし、コンテンツ作成に活かすことができます。

効果測定とキーワードの見直し

キーワード選定は一度行ったら終わりではありません。

選定したキーワードが実際にどの程度の効果を発揮しているかを確認し、その結果に基づいて調整を行うことが大切です。

具体的には、Google AnalyticsやSearch Consoleなどのツールを使ってデータを収集し、それに基づいて効果を測定します。

例えば、特定のキーワードでの流入が少ない場合、そのキーワードの選定が適切でなかった可能性がありますよね。

その場合は、新たなキーワードを試してみることも検討してください。

また、季節やトレンドによっても検索ボリュームは変動するため、定期的に最新のデータを確認し、キーワードの見直しを行いましょう。

このように、効果測定と見直しを繰り返すことで、より精度の高いキーワード選定が可能となります。

効果的なキーワード選定ツールの紹介

適切なキーワードツールを利用することで、キーワード選定のプロセスを大幅に簡素化できるでしょう。

以下で、ブロガーさんに人気のおすすめのツールを紹介していきますね。

Google キーワードプランナー

Google キーワードプランナーは、無料で利用できる検索エンジン最適化(SEO)ツールになります。

このツールを使用することで、ターゲットとするキーワードの検索ボリュームや関連キーワードを見つけることができるでしょう。

トム

利用方法は簡単です。

キーワードプランナーに、ターゲットとするキーワードを入力するだけで、関連するキーワードとその月間検索ボリュームが表示されます。

あとは、この情報を基に、ターゲットキーワードの選定を進めてください。

Ahrefs

Ahrefsは、有料のSEOツールですが、その詳細なデータと分析機能は他に類を見ないほど充実しています。

Ahrefsで競合分析を行うには、まずターゲットとする競合サイトを登録し、そのURLを入力。

Ahrefsはそのサイトのバックリンク、検索トラフィック、オーガニックキーワードなどを詳細に解析し、競合の強みと弱みを把握することができます。

このデータを活用することで、自分のサイトが取り組むべきキーワードやコンテンツの方向性を明確にすることが可能です。

Ubersuggest

Ubersuggestは、無料版と有料版があるキーワード分析ツールです。

Ubersuggestの最大の魅力は、その直感的な操作性と無料で利用できる範囲の広さにあります。

使い方は非常に簡単で、ターゲットとするキーワードを入力すると、関連するキーワードとその難易度、検索ボリュームが表示されます。

また、競合サイトのデータも簡単に取得できるので、非常に便利ですね。

初心者にとっても扱いやすく、キーワード選定の第1歩として非常におすすめです。

具体的なキーワード選定の手順

実際にどのようにしてキーワードを選定するか、その具体的なステップを詳しく解説します。

ステップ1: 初期リサーチ

まず最初に行うべきは、初期リサーチです。

初期リサーチでは、ターゲットとするトピックに関連するキーワードをリストアップします。

Googleサジェストや、キーワードプランナーを用いて、「キーワード選定」「難しい」などの初期キーワードから関連キーワードを見つけましょう。

その際、検索ボリュームや競争の度合いを考慮に入れ、手ごろな競争率のキーワードを選ぶことが重要です。

ステップ2: 競合分析

次は、競合分析を行いましょう。

AhrefsやSemrushなどのツールを使って、競合ブログがどのキーワードで上位に表示されているのかを調査してください。

このデータを基に、

トム

自分のブログが取り組むべきキーワードをさらに絞り込みます。

また、競合が手薄な分野を見つけることも1つの戦略です。

そのためには、深い分析と細かいデータのチェックが欠かせません。

ステップ3: キーワードの選定とトピックの決定

競合分析の結果を元に、実際にターゲットとするキーワードを選定します。

そして、そのキーワードを中心としたトピックを決定。

選定したキーワードが具体的で、ユーザーの検索意図にマッチしているかを確認することが重要です。

特に、

ロングテールキーワードを選ぶことで、競争率を抑えつつターゲット層を絞ることができます。

まとめ:キーワード選定が難しいのは当然!

キーワード選定は非常に重要であり、ブログの成功のカギを握っています。

競合分析、ユーザー意図の理解、適切なツールの活用、そして効果測定と見直しのプロセスが揃って初めて、効果的なキーワード選定が可能となります。

これらのステップを1つ1つしっかりと行うことで、難しいとされるキーワード選定の壁を乗り越え、検索エンジンでの上位表示を目指しましょう。

記事タイトルとイラスト画像

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次