☞ 初心者にオススメの便利ツール12選

失敗しないブログ導入文の書き方!【初心者向け完全マニュアル】

当ページのリンクには広告が含まれています。
記事タイトルとイラスト画像
  • URLをコピーしました!

今回は、

ブログの導入文ってどうやって書くの?

導入文って上手く書けないんだよなぁ…。

そんな疑問や悩みを解決していきます。

自己紹介
記事の内容
  • 導入文(リード文)について
  • ブログ導入文の書き方
  • 導入文の型をつくる方法

ブログを始めてみたものの、最初の1歩である「導入文」がなかなか書けずに困っていませんか?

実は、私も同じ悩みを抱えていました。

導入文はユーザーの心をつかむための最初の大切なステップであり、うまく書ければユーザーはそのまま記事を読み進めてくれます。

しかし、書き方を知らない導入文だと、ユーザーは速攻でページを閉じてしまいますよね。

本記事では、

初心者でも失敗しないブログ導入文の書き方を完全マニュアルとしてご紹介します。

導入文の役割や重要性、具体的なポイント、さらに基本的な要件や型の作り方まで幅広くカバー。

これを読めば、きっとあなたも自信を持って導入文を書けるようになるでしょう。

それでは、早速本題に参ります。

目次

ブログの導入文(リード文)とは

ブログの導入文、いわゆるリード文は、記事の冒頭に位置し、ユーザーに記事の内容を簡潔に伝える部分です。

ぶっちゃけ、記事の導入文が上手く書ければ、ユーザーの注意を引きつけることができるので、その後の本文に続く興味を持たせることができます。

そのため、

トム

ブログの「導入文」はめちゃくちゃ重要ですね。

ブログの導入文は、文章の「入り口部分」を指します。

また、人によっては「導入文」のことを「リード文」とも呼んだりしますが、呼び方の違いだけで意味や役割は同じです。

ブログ記事全体と導入文の位置関係は⇩

記事のタイトルで呼び込んだユーザーが最初に読む部分だからこそ、以下の役割を果たすことが求められます。

まず、

記事の内容を簡潔に伝え、ユーザーに読み進めたいと思わせることが大切です。

ご自身でも経験があると思いますが、クリックした記事が自分の検索意図と違った場合、速攻で離脱しますよね。

訪問したユーザーを「あ、このサイトなら悩みを解決できるかも…」と思わせない限り、ユーザーが本文まで辿り着くことはないでしょう。

トム

大事なことなのでもう1度お伝えしておきます。

ブログ記事の本文まで読み進めてくれるかどうかは「導入文」で決まります。

導入文は、それくらい大事な役割を担っていると頭に入れておきましょう。

ブログ導入文の基本

先述したように、リード文はユーザーが「記事を最後まで読んでくれるかどうか」を決定する大きな要因となります。

トム

導入文の基本は以下の3つです。

導入文の基本
  • 適正な文字数
  • シンプルな表現書く
  • ペルソナ(ユーザー像)を設定する

詳しくみていきましょう。

適正な文字数

ブログの導入文は、一般的に「200〜300文字」程度が適切だと言われています。

多くても500文字以内に収めるようにしましょう。

この範囲内で、記事の内容や魅力を簡潔に伝えてください。

あまりに短いと内容が伝わらず、逆に長すぎるとユーザーが飽きてしまう可能性があります。

短くてもポイントを押さえた内容で、相手に興味を持ってもらえればOKです。

シンプルな表現で書く

導入文はシンプルで分かりやすい表現にすることが、ユーザーを引き込むためのコツです。

専門用語や難しい言葉を避け、

トム

誰にでも理解できるシンプルな言葉を使いましょう

たとえば、キーワード「冬キャンプ 初心者」で書くなら

冬キャンプは、その独特な魅力と美しい風景が多くのキャンパーを引きつけます。しかし、寒さが厳しい季節だからこそ、しっかりとした準備が必要です。

1歩間違えると寒さに耐えられず、キャンプを楽しむどころか、体調を崩してしまうこともあります。本記事では、初めての冬キャンプに挑戦する方に向けて、寒さに強い装備品から「これがあって良かった!」と感じる便利グッズまで、詳しくご紹介します。

「冬キャンプ初心者でも安心して楽しむために、どんなアイテムが必要なのか?」という疑問を解決し、快適で思い出に残る冬キャンプを応援。この続きで、具体的なアイテムとその選び方を詳しくお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。

といった具合ですね。

簡潔で読みやすい文章にすることで、多くのユーザーに受け入れられやすくなります。

ペルソナ(ユーザー像)を設定する

ブログを書く際には、ターゲットとなるペルソナを明確に設定することが大切です。

具体的なペルソナを設定することで、ユーザーに刺さる導入文を作成することができます。

たとえば、

副業を始めたばかりで、ブログの書き方に悩んでいる30代の男性をターゲットに設定した場合、その人が何を知りたいのか、どんな悩みを持っているのかを考えながら導入文を書きます。

より具体的なペルソナを設定することで、ユーザーの興味や関心に応じた効果的なリード文を作成することがで切るでしょう。

ペルソナについてもっと詳しく知りたい方は、下記に記事をご覧ください。

ブログで導入文を書く時のポイント

効果的な導入文を作成するためのポイントは⇩

導入文を書くときのポイント
  • ユーザーの悩みを明確化
  • 記事の信頼性(権威性)を提示
  • 記事の要約または解決策を提示
  • ユーザーの悩みに共感
  • 記事の全体像
トム

本記事を例に解説していきますね。

ユーザーの悩みを明確化

まず、導入文で最も重要なのは、ユーザーが抱えている悩みや問題を明確にすることです

ユーザーに「この記事は自分のためのものだ」と感じてもらうことが出来ないと、離脱されてしまうでしょう。

吹き出しを使って、ユーザーの気持ちを代弁すると効果的ですね。

記事の信頼性(権威性)を提示

次に、記事の信頼性権威性を示すことで、

トム

ユーザーに「この情報は信頼できる」と感じてもらいましょう。

自分の経歴やこれまでの実績を簡単に紹介することで、信頼感を高めることができます。

「〇〇年の経験を持つライター」

「キャンプ歴〇〇年のソロキャンパー」

「〇〇検定取得」

などが効果的です。

記事の要約または解決策を提示

導入文で記事全体の要約やメインの解決策を簡潔に提示することで、ユーザーに記事の価値を伝えます。

この部分では、

「この記事を読むことで、〇〇の方法が分かります」

「3つのステップで〇〇を解決!」

など、具体的なメリットを示しましょう。

そうすることで、

トム

ユーザーの関心を引きつけ、全文を読む意欲を高めます。

ユーザーの悩みに共感

ユーザーの悩みに共感することで、一気に距離を縮めることができます。

「私も同じ悩みを抱えていました」

「多くの人がこの問題で苦しんでいます」

など、自分の経験や他の人の事例を交えると効果的です。

この共感の要素があることで、ユーザーは自分が理解されていると感じ、記事にのめり込むでしょう。

記事の全体像

最後に、

トム

記事全体の構成や内容の流れを簡単に紹介します

導入文のこれらのポイントを押さえることで、ユーザーは安心して記事を読み進めることができるでしょう。

導入文でオリジナルの型を作る方法

導入文は記事全体の印象を決定づける重要な要素です。

この記事では、ブログ初心者が簡単に導入文の型を作る方法を4つのステップでご紹介します。

4つのSTEP
  • STEP1:お気に入りのサイトを見つける
  • STEP2:よく読んで分析する
  • STEP3:自分のブログでアウトプットする
  • STEP4:検証して改善を繰り返す

それでは、順番に見ていきましょう。

STEP1:お気に入りのサイトを見つける

まずは、自分が憧れる、または参考にしたいと思っているブログやWebサイトをいくつかピックアップしましょう。

トム

信頼性が高く、ある程度人気のあるブログを基準にすると効果的です。

目指すべき「目標」が具体化することで、自分のブログでも取り入れやすくなります。

STEP2:よく読んで分析する

次に、お気に入りのブログやWebサイトの導入文をよく読んで、どのような要素が含まれているかを分析します。

例えば、

  • 吹き出しの使い方
  • ユーザーの興味を引くフレーズ
  • 具体例の紹介方法
  • 文字の装飾

などを徹底的に分析しましょう。

これは、ただ単に読むだけではダメです。

そのブロガーさんがよく使う「導入文の構成」パターンを見つけるまで、何度も読み返してください。

STEP3:自分のブログでアウトプットする

分析が終わったら、次は実際に自分のブログでその知識を活用してみましょう。

分析した導入文の良い部分を取り入れ、自分のスタイルに合わせて調整します。

トム

文章の丸パクリはNGなので注意してくださいね

あくまで、「導入文の構成」を真似るようにしましょう。

STEP4:検証して改善を繰り返す

最後に、作成した導入文が実際にユーザーにどれだけ効果的であったかを検証します。

滞在時間が極端に少ない記事は、導入文に問題がある可能性大です。

Googleアナリティクスなどのデータを元に、どの部分が効果的であったか、どの部分が改善の余地があるかを分析しましょう。

その分析を基に導入文を修正し、効果的なオリジナルの導入文を作っていきます。

継続的に改善を繰り返すことで、

トム

ユーザーに響く導入文を作るスキルは向上するはずです。

まとめ:ブログ導入文の書き方!

ブログ導入文の書き方について一通り解説しましたが、いかがでしたか?

導入文は、記事全体の印象を決定付ける非常に重要なパートです。

内容がしっかりしていれば、ユーザーは記事を読み進める気になります。

逆に、

導入文が的外れだと、どんなに質の高いコンテンツを書いてもユーザーは去ってしまうでしょう。

本記事で紹介したポイントを押さえ、ユーザーの悩みを明確にし、記事の信頼性や解決策を提示することが求められます。

そして、導入文の型を作るステップも重要です。

お気に入りのサイトをよく読んで分析し、自分のブログでアウトプットすることで、自分に合ったスタイルを見つけることができるでしょう。

以上のポイントを踏まえて、ユーザーにとって価値のある導入文を作成し、ブログ記事全体の質を高めることに挑戦してみてください。

トム

ポイントは「継続」と「改善」にあります。

ユーザーの反応を見ながら、日々少しずつブラッシュアップしていきましょう。

また、これから収益化を目指すのであれば、ぜひ下記の記事もご覧になっていってください

記事タイトルとイラスト画像

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次